アイスクリームを連想させるオブジェと写真を撮るだけの“美術館”が米国で人気を博している。宣伝せずとも勝手に若者が集まるMOICの成功は、顧客獲得の方法が別次元に入ったことを示している。

フロリダ州マイアミビーチにある「MUSEUM OF ICE CREAM」。ここではみんな童心に帰る

 米国屈指のビーチリゾート、フロリダ州マイアミビーチ。その一角に、ピンク色の文字で「MUSEUM OF ICE CREAM(MOIC)」と書かれた4階建ての白亜の建物がある。期間限定のアイスクリームの美術館だ。

 もっとも、アイスの歴史を紹介しているわけではない。あるのは、アイスを連想させるオブジェの数々、ただそれだけだ。甘い匂いが漂う館内に足を踏み入れると「カワイイ」とも「キッチュ」とも取れる展示物が並んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1906文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「インスタ映え」を超える顧客獲得術」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。