ものづくりに取り組むベンチャー企業にとって聖地となっているのが広東省の深圳市だ。改革開放後に急成長した町の来歴と、誰もが「製造者」になれる時代がかみ合った。中国政府が目指す産業構造の転換は、深圳を“中国のシリコンバレー”にできるかにかかっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3229文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題