ヤマト運輸など物流企業が次々にモノ作りに参入している。地産地消型のモノ作りの波がこれから押し寄せる。デジタル化によるデータの連鎖が付加価値の源。その体制を作れるかどうかが問われる。