日本が長らく得意としてきたカイゼンが今、劇的な変貌を遂げようとしている。価格の下がったセンシング技術を使えば、誰でもムダが見える時代になった。