ニッポン製造業のお家芸である工場の「カイゼン」。その概念が大きく変わろうとしている。機械に部品、そして人間の動きまであらゆるものをデジタルデータとして集め、作り方や設備、製品の設計に反映してサプライチェーン全体を効率化する。そんな「カイゼン4.0」の時代が訪れようとしている。最前線を走る米ゼネラル・エレクトリック(GE)の工場で、今、何が起こっているのか。そして、日本のメーカーはこれから何をすべきか。モノ作りの現場を歩き続けてきた「カイゼン記者」が、現場目線でお伝えする。