北朝鮮が完全な非核化を実現しない限り、日本が直面する核の脅威はなくならない。万が一にどう備えるべきか。ミサイル対策は様々な危機から企業を守る手段にもなる。

<span class="fontBold">事前の組織的な備えと個々人の初動が適切にかみ合えば、生存率を高められる(2017年に開かれた東京都の災害対策訓練。新宿・本庁舎の防災センター)</span>(写真=アフロ)
事前の組織的な備えと個々人の初動が適切にかみ合えば、生存率を高められる(2017年に開かれた東京都の災害対策訓練。新宿・本庁舎の防災センター)(写真=アフロ)

 神戸市内の小高い丘の上に立つ黒い木造の一軒家。おしゃれなログハウスに見えるこの家には秘密がある。

 リビングの奥にある地下への階段を下りると、約50cmもの厚みがあり、航空機の衝突にも耐えられるというコンクリートの扉が据え置かれている。扉の向こうにあるのが、広さ約14m²の家族6人が滞在可能なスペースを有するシェルターなのだ。ミサイル着弾などの危機が迫った場合に逃げ込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7134文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ミサイル時代のサバイバル経営」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。