朝鮮半島で本格的な有事が発生すれば日本にも甚大な影響が及ぶ。もし、弾道ミサイルが日本を襲ったら。戦慄の未来を徹底シミュレーション。

(写真=:KCNA/新華社/アフロ)
(写真=:KCNA/新華社/アフロ)

 20XX年。全国各地の防災行政無線が一斉に起動、屋外スピーカーを通じて警報音が鳴り響いた。町中のスマートフォン(スマホ)も不気味な音で異変を告げた。全国瞬時警報システム(Jアラート)による警戒呼びかけだった。

 それは、揺れを察知して、身構えることを促す緊急地震速報ではなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5556文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ミサイル時代のサバイバル経営」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。