三菱重工業の巨額損失の裏側には、外国人労働者を巡る混乱があった。あらゆる業界で人手不足が進む中、付け焼き刃の外国人依存はいずれ限界を迎える。世界的な人口移動時代の到来を、好機と捉える発想こそが求められている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3596文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2016年4月4日号 26~29ページより

この記事はシリーズ「特集 移民ノミクス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。