市場の成熟が進む中、ますます重要になる新興国市場で苦戦する傾向にある日本企業。劣勢を覆す最も単純な方法は、アイドルを使った広告宣伝戦略を展開することだ。手付かずの新興国ほど、タレントマーケティングは強力な威力を発揮する。