世界的に和食ブームが広がり、海外からの観光客は日本の農林水産物や食のレベルに驚嘆する。そんな商品力や技術がありながら、農業の現場は苦境に陥っている。日本農業はどうしてこんな状況に陥っているのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2296文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 TPP時代に勝てる 農産物ジャパン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。