高い潜在力を持つ日本の農林水産物。だがどんな戦も「弾」があるだけでは勝利はない。TPPを機に海外市場に出るには国と産業界を巻き込み、従来にない試みが必要だ。押し寄せる海外産から国内市場を守るには、日本農業の抜本的改革が欠かせない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6365文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 TPP時代に勝てる 農産物ジャパン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。