発売から数十年以上がたった今も、根強い人気を誇る「長寿ブランド」の数々。「ブランド固有のコンセプトや強みは維持しつつ、そのイメージを損なわない範囲で新しい手も打ち続けている」(青山学院大学の久保田進彦教授)のが共通点だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り980文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 メガブランド 強さの限界」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。