20代が支持するも、発売当初からの愛飲層、50代以上に離反の兆し──。アサヒ「スーパードライ」に対し、消費者のこんな評価が浮かび上がった。  本誌がマクロミルを通じたアンケートで、20~70代の計624人から回答を得た。ビール離れが進む若い層の開拓がスーパードライの課題とされるが、アンケートでは意外な結果が出た。