「負け組」だったアサヒを業界トップに押し上げたスーパードライだが、10年以上、販売は下降局面にある。過去の大成功ゆえに変えられない呪縛にさいなまれてきたが、ここにきて、ようやく改革への機運も出てきた。

新商品の「スーパードライ エクストラハード」。大々的に売り出す小売店は多い( 写真=太田 未来子)

 「今は価値をどう訴求するか。革新性は出た当時に作り出すもので、いまスーパードライに革新性を持たせたら消費者は離反する」。アサヒビールを傘下に持つアサヒグループホールディングス(GHD)の小路明善社長は強調する。これがスーパードライの現在の立ち位置だ。発売30年を経てすっかり保守的なブランドになった。

 そんなスーパードライでできることは何か。ここ数年、アサヒが取り組むのが派生商品の「連打」だ。

 3月14日、新商品「アサヒスーパードライ エクストラハード」を発売した。強い炭酸と高めのアルコール度数が売り。東京、大阪など全国各地のスーパーでは売り場の目立つ位置に並び、買い物客が次々と手に取っていった。

 アサヒはエクストラハードを含め、これまでに4種類の派生商品を投入した。そこには2つの理由がある。

続きを読む 2/5 販売量はピーク時の半分に

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4736文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 メガブランド 強さの限界」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。