企業が副業を解禁するにあたっては、労働災害をはじめ様々なリスクが存在する。経営者が留意すべき問題点と、その対策を先行企業の事例から読み解く。

無策のまま副業を解禁すれば、社員にとっても企業にとっても「不幸」な結末が待ち受ける(イラスト=渡辺 コージ)

 副業が新たな働き方として広がる兆しを見せる中でも、企業が解禁する上では様々な課題やリスクがある。日本企業の雇用制度や人事制度はこれまで、副業を認めることを前提としてこなかったからだ。しかも、経営者のみならず、職場においても副業に対する理解は十分に進んでいない。

 実際に副業を解禁すると、企業と個人はどのようなリスクに直面するのか。順を追ってみていこう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4716文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 成功する副業」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。