あなたの同僚が会社に隠れて副業をしている─。そんな“闇副業”が広がっている。だが「闇」はいずれ終わる。技術の進化と働き方改革が、あなたを副業の世界にいざなう。

福島さん(仮名)はクラウドファンディングを活用し「バタフライボード」を製品化した(写真=竹井 俊晴)

 会議などで使われるホワイトボードをA4サイズにして持ち運べるようにしたら、便利なのではないか──。

 福島さん(仮名、46歳)は5年ほど前、勤めていた海外家電メーカーの販売代理店で取引先と打ち合わせをしていた時に、そんなアイデアを思い付いた。オフィスではなく街中のカフェで打ち合わせをすることが多く、ホワイトボードが使えないことに不便さを感じていた。そのちょっとした不満が、福島さんを「副業」の世界に誘い込んだ。

 試行錯誤を重ね、小さなホワイトボードを磁石でつなぎ合わせ、広げて使える構造を考案。「これは自分以外にも使いたいと思ってくれる人がいるはず」と、文具メーカーの下請け工場を何社も訪れ、製造委託先を確保した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4167文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 成功する副業」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。