中国で起きているECの急拡大は、新たなグローバル競争の幕開けであり、それは中国だけにとどまらない。世界の消費者からの日本ブランドへの関心をテコに、今こそECを経営の柱として位置付けるときだ。