中国事業が連結売上高の3割以上を稼ぐピジョンも、急速なEC化に翻弄されてきた。2016年1月期の中国事業の売上高317億円のうち、ECが占める割合は既に31%。今期は35%に高めるという。着実にEC事業を伸ばしているようにも見えるが、これまで何度も「販路の壁」に悩んできた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1523文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 中国にはネットで売れ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。