カルビーの笙(しょう)啓英・海外第一事業本部長は言い切る。同社は今年1月、Tモールグローバルに出店した。販売しているのは、「じゃがビー」や「かっぱえびせん」「ポテトチップス」など同社の主力スナック菓子だ。「まだ始めたばかりで規模は小さいが、既に黒字。中国事業がずっと赤字だったことを思い起こせば、隔世の感がある」(笙本部長)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1485文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 中国にはネットで売れ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。