中国のネット通販市場の拡大が止まらない。経済の減速が世界を揺るがしてはいるものの、その巨大な内需はなお健在だ。市場規模は今年100兆円を超える見込みで、消費に占めるEC(電子商取引)の比率も日米を圧倒。消費の大きな変動を感じ取った欧米のグローバル企業は、ECを中国攻略の核に据え始めた。豊かになった消費者はより良い商品を求め、国境を越えて海外製品を輸入できる越境ECも急伸。「メード・イン・ジャパン」に対する消費者の人気は高く、日本企業にとっても大きなチャンスが広がる。様々な壁を乗り越え、この巨大市場と向き合えるかが、世界での競争力に直結する。

(中 尚子、上海支局 小平 和良)

中国のEC市場は爆発的な成長を遂げる
●中国、米国、日本の消費者向けECの市場規模と小売り売上高に占めるECの比率(予測)
注:1ドル=114円で換算
出所:eMarketer

CONTENTS


日経ビジネス2016年3月21日号 26~27ページより目次