認知症が社会問題化する中、地域や職場で患者を支える仕組みが整い始めた。全てのステークホルダーが「できること」をすれば、道は開ける。