認知症になると何も分からなくなり、時には危険な存在となる──。そう思っているなら、誤解であり偏見だ。親のため、自分のため、組織のため、病について知っておくこと。そして「そのとき」が来ても慌てないことが欠かせない。