閉鎖的であるが故に、スポーツ自体には手付かずの巨大需要が眠る。2020年東京五輪も後押しし、多くの企業がブルーオーシャンに飛び付き始めた。マーケティングや技術開発によって、まだまだニーズは掘り起こせる。