スポンサーとしてカネを出し、企業イメージを上げる。企業にとってスポーツは広告宣伝のツールにすぎなかった。だが、スポーツとビジネスの関係性は一変した。様々な企業がスポーツの潜在力に気付き、マネジメント手法や技術をビジネスへ還元する動きも出てきた。変革の起源はスポーツ大国の米国。大きなうねりをいち早く感じ取り、経営者として米国へと渡った現役トップアスリートがいる。本田圭佑、その人だ。

=敬称略(林 英樹、島津 翔、西川 結城=スポーツジャーナリスト)

CONTENTS


日経ビジネス2016年3月7日号 24~25ページより目次