JR発足後、最大の犠牲者を出した福知山線の脱線事故から12年。安全対策への投資に力を入れ続け、事故の教訓を社内に根付かせてきた。事業エリアの人口が減少する中、地域と向き合う経営を目指す。