JR東海は地元の熱意に応え、6年半ぶりに赤字の名松線を復旧した。日本の交通インフラの崩壊を防ぐためにも、新たな収益モデルの構築が急務だ。