1987年、国鉄の分割民営化でJR各社が誕生して以降、採用された人材が50歳を超え、経営の中枢を担い始めた。相次ぎ取締役や執行役員に就任した彼ら「JR生え抜き組」が描く各社、そしてJRグループの未来とは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2958文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 JR 思考停止経営からの決別」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。