1987年、国鉄の分割民営化でJR各社が誕生して以降、採用された人材が50歳を超え、経営の中枢を担い始めた。相次ぎ取締役や執行役員に就任した彼ら「JR生え抜き組」が描く各社、そしてJRグループの未来とは。