国鉄の分割民営化で、JR7社体制に移行してから4月1日で30年を迎える。4社が上場したが、新たな文化や成長モデルを示したとは言い難い。30年で浮かび上がったのは、主要路線の収入と立地の良さに甘んじてきた姿だ。人口減少時代に突入する中、思考が止まった経営から脱しないと将来はない。今のままでは「株主利益の追求」と「地方路線の維持」の二兎を追えないだろう。人口が減少すれば、JRも縮小均衡に陥るのか。JRの未来は日本の未来でもある。逆境を跳ね返すビジネスモデルの確立が急務だ。

(須永 太一朗、大西 孝弘、河野 紀子)

全国に新幹線網が広がり、改札やカードに新技術も
●JR30年の歴史
1987
日本国有鉄道の分割民営化でJR7社が発足
(写真=読売新聞/アフロ)
1990
東日本旅客鉄道(JR東日本)が在来線の自動改札システムを導入
(写真=朝日新聞社)
1992
東海道新幹線「のぞみ」運転開始
山形新幹線開業
1993
JR東日本上場
1996
西日本旅客鉄道上場
1997
東海旅客鉄道上場
秋田新幹線開業
(写真=Duits.co/アフロ)
2005
福知山線脱線事故
2011
九州新幹線全線開業
石勝線の脱線火災事故
(写真=読売新聞/アフロ)
2013
10の交通系ICカードの全国相互利用サービス開始
2015
北陸新幹線(長野~金沢間)開業
(写真=吉田 サトル)
2016
北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)開業
九州旅客鉄道上場

CONTENTS


日経ビジネス2017年3月6日号 24~25ページより目次