小さな未来企業の陰に、その成長を支える大企業の姿があった。3・11は、それぞれの使命を蘇らせ、新たな経済圏を生む。

サンフレッシュ小泉農園
supported by 三菱商事・気仙沼信用金庫
2年で県内トップのトマト農園となり、小学生の見学が絶えない。「電力代が高いので太陽光発電をやりたい」(社長の今野圭市、写真右)(写真=野口 勝宏)

 巨大なトマトの栽培ハウスが、海岸の近くにそびえたっていた。

 2015年、宮城県気仙沼市のサンフレッシュ小泉農園は、10億円を投じて縦100m、横200mのハウスを建設、4万本超のトマトが水耕栽培されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4888文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「3・11 7年が生んだ未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。