組織の壁を突き崩し、「スペシャリティー」と「スペシャリスト」の育成を急ぐ。再生医療の切り札から冷凍チャーハンまで、科学を生かしたヒット商品が出始めた。