東京都と神奈川県の境を流れる多摩川のほとり。味の素川崎事業所内にある研究所の奥深くに、幹部社員が「微生物の殿堂」と呼ぶ施設がある。1956年の研究所開設以来、同社が蓄積してきた1万3000株にも及ぶ、多種多様なアミノ酸を生み出す菌の保管庫だ。民間企業では最大級のコレクションである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4720文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 味の素」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。