テリトリーを侵食する経産省に対し、他の省庁や民間の風当たりは強い。高圧的に押し付けても反発が起きるだけ。大局を示し、仲間を増やすアプローチが解となる。