「我々は日本全体を考えるポジションにいる」。経産事務次官となって2年目の菅原郁郎はそう言う。活躍の舞台は広がっている。が、顔つきはいまいちさえない。なぜなのか。