「何か、ワクワクするものを生み出してくれる」──。ソニーにはこんなイメージがある。なぜ、日本人はソニーに期待してしまうのか。歴史を振り返ると、5つの理由が浮かぶ。

斬新な商品や経営で、世界を驚かせてきた
●ソニーの歴史
1946年 東京通信工業(現ソニー)が発足
1950年 日本初のテープレコーダー「G型」発売
1955年 日本初のトランジスタラジオTR-55発売」
1960年 世界初の直視型トランジスタテレビ「TV8-301」発売
1961年 日本企業として初めて米国でADRを発行
1965年 世界初の家庭用VTRビデオコーダー「CV-2000」発売
1968年 シービーエス・ソニーレコード(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)を設立
トリニトロンカラーテレビ「KV-1310」発売
1979年 「ウォークマン」発売
1989年 米コロンビア・ピクチャーズエンタテインメントを買収
1994年 「プレイステーション」発売
1997年 執行役員制度を導入
1999年 初代「AIBO(アイボ)」発売
2001年 ソニー銀行を設立
2003年 委員会等設置会社へ移行
2007年 世界初の有機ELテレビを発売

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1595文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ソニー甦ったのか?」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。