なぜソニーは立ち直り、再び注目商品を世に出せるようになったのか。数値に直接表れない改革の本質は現場社員が知っている。

<span class="fontBold">ウォークマン「NW-WM1Z」の開発を担当した佐藤朝明氏(左)と佐藤浩朗氏(右)</span>(写真=吉成 大輔)
ウォークマン「NW-WM1Z」の開発を担当した佐藤朝明氏(左)と佐藤浩朗氏(右)(写真=吉成 大輔)

 この3年で見違えるまでに業績が回復したソニー。現場社員を繰り返し取材して見えてきた復活のポイントは大きく3つある。

 まずは平井一夫社長兼CEO(最高経営責任者)以下、経営陣と現場社員との距離感の近さだ。ソニーの強さが社員一人ひとりの発想力だとするなら、それを経営陣がうまく拾い上げられるようになっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4337文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ソニー甦ったのか?」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。