顧客への背信行為である不動産業界の悪習、「囲い込み」に自民党のメスが入った。嘘をつかせないよう、業界共通の物件システムで商談状況が確認できるように変更させた。体質は表向き改まったが実態は変わらない。巧妙に隠蔽し、悪弊の温存を図るやからがいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2233文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 家の寿命は20年」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。