顧客への背信行為である不動産業界の悪習、「囲い込み」に自民党のメスが入った。嘘をつかせないよう、業界共通の物件システムで商談状況が確認できるように変更させた。体質は表向き改まったが実態は変わらない。巧妙に隠蔽し、悪弊の温存を図るやからがいる。