エリート層だけではなくなりつつある、学生の「ジャパンパッシング」。これまで歯牙にもかけなかったアジアの大学がライバルとして急浮上している。すれ違いが続く大学、産業界、政府。ビジョンを共有して協力しなければ生き残れない。