人材流動化を企業が進めるのは、プロパー社員に知識や語学力がないからだけではない。ここへきて急増する「創造性の高い仕事」に対応するセンスを持つ人材が少ないからだ。「定型的な仕事」向きの人材ばかりを長年集めてきた弊害が、企業と個人に押し寄せている。

ダメなのは努力不足だけではない
●生え抜き社員の弱体化に関する誤解と真実
(イラスト=伊野 孝行)
「マクドナルド化する社会」
マクドナルド型の仕事が増えることに警鐘を鳴らした。「マックジョブ」は米国社会全体に普及し、辞書に掲載されるほど有名になった。(写真=スタジオキャスパー)

 「独創性に富んだ社員が育たない」「幹部候補が成果を上げられない」「多くの社員が成長せず、そもそも後任候補すらいない」──。

 社員に関する悩みを今、大企業の経営層に聞くと、多くが真っ先に口にするのが「ミドルクラスの弱体化」だ。中には、「経営環境の変化は分かるが、それにしても一流大卒業者の中からそれなりに厳選して採用したはずの生え抜きミドルが、なぜこうも伸び悩むのか」と疑問の声を上げる経営者もいる。

 中高年社員の弱体化の要因としては以下のような指摘が一般的だ。

①ITの高度化やAIの台頭に対応する専門知識がない
②グローバル化の流れに適応する語学力がない
③努力不足、バブル以降の世代に特有の精神力の欠如

 だが本誌は、人材育成に詳しい専門家への取材から、より説得力のある、もう一つの仮説にたどり着いた。それは、「多くの企業がプロパー社員だけでは戦えないと考えるようになったのは、ITの知識や英語力がないからではなく、企業における仕事の本質が根本的に変化したから」(人材流動化に詳しいリブ・コンサルティングの関厳社長)というものだ。その変化を一言で言えば、次のようになる。

 「マックジョブ」が減り、「クリエーティブジョブ」が増えた──。