建機需要が落ち込み、成長の踊り場を迎えた今こそ、体質改善を重視する。ハードの付加価値を「IoT」で高め、顧客の悩みにとことん向き合う。自らがオープンにならない限り、提携戦略は失敗すると説く。