バブルが終わり、中国工場の生産台数は最盛期の1割に落ち込んだ。「新常態」を目の当たりにして、コマツに芽生えた覚悟とは。