経営の根幹にもかかわらず、日本企業がうまく立案できていない価格戦略。その流れがようやく良い方向へ変わり始めた。価格破壊から価格創造へ──。それができた企業は必ず価格戦略の迷宮から抜け出せる。