自動運転車が急速に普及する未来の社会はどのように変わっていくのか。様々なデータと関係者への取材をベースに、起こり得る変化を予想した。

<span class="fontBold">メルセデス・ベンツの自動運転のコンセプトカー「F 015」の内部。運転手が要らないため全員が対面で座ってくつろぐことができる</span>
メルセデス・ベンツの自動運転のコンセプトカー「F 015」の内部。運転手が要らないため全員が対面で座ってくつろぐことができる
2025年以降に普及が急加速
●世界で新車として販売される自動運転車の台数
<span class="titl-b">2025年以降に普及が急加速</span><br />●世界で新車として販売される自動運転車の台数
注:米国、欧州、中国の合計 出所:PwC Strategy&
[画像のクリックで拡大表示]

 2030年には新車販売の半分が「レベル4」以上の自動運転車になる──。こんな予測を示すのは、米コンサルティング会社のPwC Strategy&だ。米国、欧州、中国といった世界の主要市場で、大半の場面でドライバーが不要になる完全自動運転のクルマが販売の主流になるという。そのとき、クルマはどのようなデザインになるのか。

 上の写真は独メルセデス・ベンツのコンセプト車「F 015」の内部。運転をクルマに任せられるため、広々とした車内では、家族4人が向かい合わせに座ってくつろげる。映画を見たり、食事をしたりしやすいリビングルームのような雰囲気のクルマが普及しそうだ。

 ハンドル、ブレーキペダル、アクセルがない。そんな「レベル5」の完全自動運転のコンセプト車を米ゼネラル・モーターズは開発。19年に公道で走行試験することを計画する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4696文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 見えてきたクルマの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。