米ノースダコタ州ウィリストン。「シェール革命」によって全米を代表する産油地になったバッケンの玄関口として知られている街だ。だが、バッケンを東西に貫くルート2を走ると、寒々とした光景が広がっていた。