「堅調」と言われた米国経済だが、新興国の投資減少が利益をむしばみつつある。一方の欧州経済は難民流入に伴う社会の分裂で経済どころではない。世界の需要をけん引した中国は減速の一途。誰が世界の需要を救うのか?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り567文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年2月8日号 28~37ページより

この記事はシリーズ「特集 チャイルショック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。