採掘現場での環境汚染に、米アップルが危機感を募らせている。強権的な政治家は、環境問題を理由に自国内に元素を囲い込もうとしている。日本は今こそ世界で、元素に関する環境技術を生かす時だ。