資源の乏しい日本は、これまで繰り返し調達リスクに直面してきた。その危機をバネに新技術を確立し、世界中から頼られる日本企業がある。共通するのは、平時も含め長期的な視点で研究開発を継続している点だ。