「人生100年」時代、日本は果たしてどのような姿になっているのか。火葬場の不足、ゴーストタウン化する街……、少子高齢化による災厄を指摘する声はある。だが、課題を克服できれば悪い話ばかりではない。考えられる「未来予想図」を見てみよう。

人口減による様々な課題に直面
急激なスピードで人が減る
●日本の人口推移と予想される出来事
急激なスピードで人が減る<br /> <span>●日本の人口推移と予想される出来事</span>
注:グラフは『未来の年表』(講談社)を基に編集部作成
[画像のクリックで拡大表示]
(イラスト=本田 佳世)
(イラスト=本田 佳世)
[画像のクリックで拡大表示]

 「人生100年」が実現すると社会はどう変わるのか。

 まず100歳まで生きられる人の割合がどこまで増えるか見てみよう。厚生労働省がまとめた平成28年簡易生命表によれば、2016年に生まれた子供たちが後期高齢者の75歳まで生きる確率は男性75.1%、女性87.8%。90歳まで生きる確率は男性25.6%、女性49.9%だった。医学の進歩は続いているので、今後、100歳近くまで生きる人の割合はさらに上昇するとみられる。

 国民年金法が制定された1959年、90歳まで生きる日本人の割合は男女共に数%だった。第2次世界大戦後、世界有数の豊かな生活水準と高度な医療技術を持つようになった日本にとって、長寿は幸福のシンボルと捉えることもできる。

 しかし、長寿命化と並行して急速な少子化が進んだことで、社会は様々な難題に直面すると予想されている。人生100年時代の到来を語る前に、今の子供たちが寿命を迎えるであろう2100年ごろまでに起きるとみられることを整理すると次のようになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4032文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 幸せ100歳達成法」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/