ここ数年、日本の哺乳瓶市場に異変が起きている。「使い切り哺乳瓶」が徐々に市場を広げているのだ。避妊具大手、相模ゴム工業が2013年夏から発売している「チューボ」がそれ。1個入りと4個入りのパッケージがあり、価格はそれぞれ300円と1200円。普通の哺乳瓶は洗って何度も使うが、チューボは一度使ったらそれっきりだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6008文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 凄い売り方」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。