既存の概念を打破する営業術は、従来の常識が通用しない販売環境で生まれる。今、日本人営業マンの中で最も過酷な状況にあるのは、新興国市場の開拓に挑む者たちだ。その戦いからは、新しい売り方を考える上で発想転換がいかに重要かが浮かび上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3459文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 凄い売り方」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。