普通の会社はやっていないあらゆる手段を講じて顧客の財布の口を押し広げる。物が売れない時代を生き残るには、そんな「規格外営業術」が必要だ。そのヒントは、世界の果てから地方まで苛酷な市場環境で戦う営業マンの知恵にある。